スプリンクラーとは

カテゴリ: 火災

読み: すぷりんくらー

 スプリンクラーとは、消防用設備の1つで、建物・空間の天井または屋根下部分に配置され、火災発生時に自動的に散水することで、主に初期消火を図ることを目的とする設備である。

 スプリンクラーヘッド、壁面に設置された補助散水栓により、火災感知から放水までを自動的に行う消火設備を言う。その仕組みは、火災の加熱により天井面に設置されたヘッドのヒューズが溶けて(電気信号で感知する方式もある)、自動的に、土砂降りの雨状態の散水を行う。専用の配管、ポンプ、電源、水源(水槽)等を必要とする。

 なお、住宅用スプリンクラー設備(水道管連結型)は、一般の給水管からの水源や配管を兼用するもので、圧力や水量を確保できれば専用ポンプや電源は不要。通常のスプリンクラー設備と比較して、放水量の基準は低く設定されている。
 ただ、断水時は機能せず、風呂への給湯時などほかに大量に水を使っているときは水量が低減する、加圧ポンプを追加して設けても、停電時には作動しないことなどの制約がある。

 スプリンクラーは、消防法で、火災が発生すれば重大な人的被害が想定される地下街、ホテル、百貨店などの集客施設、また避難が困難となる要援護者を収容する社会福祉施設、病院など、また消火が困難な高層建築物に設置が義務づけられるほか、火災で経済的損失を被る倉庫・工場などに設置・使用される。
 なお、建物等にスプリンクラー設備を備えることにより、火災保険保険料率が軽減される。

 近年の高齢者施設(グループホームなど)での火災被害を受けて、国は、社会福祉施設などでのスプリンクラー設置推進対策の具体化を急いでいるが、現状では費用・施設構造などの課題があり、ソフト対策(見守り、避難体制など)と合わせて対策強化が図られている。

関連用語

煙死 煙死とは、火災で、有毒ガスを吸い込んだり、煙にまかれたりして死亡に至ることを言う。一般的に火災での死因は「火傷」(
火災からの避難 火災には、いつどんな状況で遭遇するかわからない。重要なことは、日常、火災が起こった場合に危険な場所はでき
出火原因 出火原因とは、火災が発生した原因のほか、火災が拡大するに至る一連の要因を指して言う。出火原因を明らかにすること
初期消火 初期消火とは、出火の初期の段階で、その付近にいる人などが、応急的に消火作業を行うことを言う。火災は一般的に、ご
地震火災 地震火災とは、地震の揺れによる建物倒壊や、建物内での転倒・落下物から生じる火災を言う。地震火災は、本震直後から
住宅火災 住宅火災とは、私たちの生活の場である住宅(一般住宅、共同住宅、併用住宅)で発生する火災を言う。住宅火災では、自
住宅用火災警報器 住宅用火災警報器とは、2006年6月の改正消防法施行で、すべての住宅に設置が義務づけられた火災報知機の一種
避難誘導灯 避難誘導灯とは、避難口や通路、階段や、避難器具へ誘導するための緑色に光る表示標識を言う。避難誘導灯は、消防法
ページのTOPへ

用語集一覧