水位危険度レベルとは

カテゴリ: 防災情報

読み: すいいきけんどれべる

危険度レベル、洪水予報の種類、および市町村・住民に求められる行動は、河川の水位が上がっていく順に下記のようになる。
(カッコ内は洪水予報の標題=種類)

  • レベル1
    水防団待機水位から氾濫注意水位(レベル2)まで
     水防団が待機。気象情報等に注意

  • レベル2
    氾濫注意水位(レベル2)に到達し、さらに水位の上昇が見込まれる場合(○○川氾濫注意情報=洪水注意報)
     市町村:避難準備情報の発令を判断し、状況に応じて発令
     住民:氾濫に関する情報に注意。避難の準備を始め、いつでも避難できるように

  • レベル3
    一定時間後に氾濫危険水位(レベル4)に到達が見込まれる場合、あるいは避難判断水位(レベル3)に到達し、さらに水位の上昇が見込まれる場合(○○川氾濫警戒情報=洪水警報)
     市町村:避難勧告等の発令を判断し、状況に応じて発令
     住民:避難を判断、避難を始める

  • レベル4
    氾濫危険水位に到達(○○川氾濫危険情報=洪水警報)
     住民:避難を完了

  • レベル5
    氾濫の発生(○○川氾濫発生情報=洪水警報)
     市町村:新たに氾濫が及ぶ区域の住民の避難誘導
     住民:新たに氾濫が及ぶ区域では避難を検討・判断。さまざまな情報に注意を
     (*「氾濫の発生」は水位の名称ではないが、住民に対してわかりやすい区分として設定されている)
     


洪水への備えとしては、地元自治体などが公表している「浸水想定区域図・洪水ハザードマップ」などをあらかじめ確認し、地域の危険な箇所や避難ルート・避難所を把握しておくこと、そして地域が実施する防災訓練に家族で参加してみることが重要である。
洪水発生のおそれがあるときは、自治体からの避難情報や気象情報などに注意して早めの避難を心がけよう。大雨になってからや浸水してからの避難は、逆に非常に危険となる。
万が一浸水してしまった場合には、頑丈な建物の2階以上や高いところへ避難したほうが安全な場合もある。事前に避難方法を確認しておきたい。

関連用語

新しい津波警報 新しい津波警報とは、東日本大震災での甚大な津波被害の教訓を受け、気象庁がそれまでの津波警報・注意報の発表
記録的短時間大雨情報 記録的短時間大雨情報とは、気象庁が発表する防災気象情報のひとつで、大雨警報発表中に、現在の降雨がそ
緊急地震速報 緊急地震速報とは、地震が発生した直後に、各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせる
クライシスマッピング クライシスマッピングとは、災害時に一般市民がツイッターなどで投稿した情報をもとに、インターネット上
警報と注意報 警報と注意報は、気象庁が発表する防災気象情報で、大雨や強風などの気象現象によって災害が起こるおそれのあると
降水短時間予報 気象庁ホームページ「防災気象情報」の「天気予報等」にある「解析雨量・降水短時間予報」をクリックすると、「
降水ナウキャスト 降水ナウキャスト(nowcast)とは、気象庁が発表する防災気象情報のひとつで、5分間隔で発表され、1時間先ま
台風進路予想 台風進路予想とは、気象庁が発表する台風の「進路予報」(表示)を言う。台風の「進路予報」では、12、24(1日)
竜巻注意情報 竜巻注意情報とは、積乱雲の下で発生する竜巻、ダウンバーストなどによる激しい突風に対して事前に注意を呼びかけ
長周期地震動観測情報 地震後に長周期地震動が発生すると、それに反応して高層ビルなどとくに大型構造物が気象庁“震度階級”と
東海地震 警戒宣言 東海地震警戒宣言とは、現在、わが国で唯一“予知”できる可能性があると考えられている東海地震を対象に、
特別警報 気象庁はこれまでも、大雨、地震、津波、高潮などで重大な災害が起こるおそれがあるときは「警報」を発表して警戒を呼
防災気象情報 防災気象情報とは、気象庁が発表する気象・地震・火山などに関する予報や情報の総称で、災害から身を守るための情
ページのTOPへ

用語集一覧