津波とは

カテゴリ: 津波

読み: つなみ

より高くなる。
 また、津波と普通の波との大きな違いは波長で、普通の波の波長が数メートル~数百メートルであるのに対し、津波の場合は数キロから数百キロメートルに達し、“壁”のように押し寄せる。したがって50cmの波高の津波でも、車1台くらいは押し流すほどの力を持つ。津波が引く場合も強い力で長時間にわたり引き続け、破壊した家屋などの漂流物を一気に海中に引き込む。

 なお、津波速度が水深が浅いところで遅くなるといっても、10mの水深で時速36kmとされ、オリンピック短距離走選手なみの速さで陸上に押し寄せる。海岸付近の地形・湾形によってさらに加速することもある。このため、津波を海岸で見てから避難を始めたのでは間に合わない。津波から命を守るためには、海岸付近で地震の揺れを感じたら、または、津波警報が発表されたら、実際に津波が見えなくても速やかに避難するべきである。

 津波が陸地を駆け上がる(遡上する)こともある。岬の先端やV字型の湾の奥などの特殊な地形の場所では波が集中するので、とくに注意が必要。さらに、津波が河川や運河・水路を遡上することもある。河口から入り、河川に沿って遡上して内陸深くまで進み、河岸堤防を越えて市街地や田畑に浸水することがある。

 津波は海岸付近の地形によって反射を繰り返すことで何回も押し寄せたり、複数の波が重なって思いがけない高い波となることもある。 このため、最初の波が一番大きいとは限らず、後で来襲する津波のほうが高くなることもある。

 ちなみに、「津波の前に必ず潮が引く」という言い伝えがあるが、地震を発生させた断層の傾きや方向などによっては、潮が引くことなくいきなり大きな波が海岸に押し寄せる場合もある。「津波は引き波で始まるとは限らない」。

 津波は、「遠地津波」や「津波地震」(ぬるぬる地震)によって、地震の揺れがない、あるいは小さくても、大津波となって押し寄せることもある。
 1960年チリ地震津波では、南米チリの沖合いで発生した超巨大地震(M9.5)による津波が発生後22時間をかけておよそ1万7千km離れた日本にまで到達し、大きな被害を引き起こした。また、1896年明治三陸地震津波(推定M8.2-8.5)では、沿岸部各地の震度は2~3程度だったが、大津波が発生して無警戒だった住人を襲い、死者約2万2千人という甚大な被害となった。

 陸に浸水した津波で押し流された漂流物による破壊もすさまじい。津波は、建物や車両や打ち上げられた船舶などの構築物のほか、私たちの生活のあらゆる形あるものを巻き込んで押し流し、海岸を浸食し、見慣れた景色を一変させてしまう。
 私たちは東日本大震災で津波について多くの教訓を学んだが、わが国で津波災害が過去何度も繰り返し起こっていることを最大の教訓、かつ戒めとしなければならない。

関連用語

命山 命山(いのちやま)とは、台風による高潮や津波、洪水で地域が浸水したときに、住民が緊急避難するためにつくられた人工高
遠地津波 遠地津波とは、気象庁の定義によれば、「日本の沿岸から600km以遠に発生した地震による津波。その地点で地震波動を感
率先避難者 率先避難者とは、身近に危険の兆しが迫っているとき、あるいは危険情報に接したときに、その危険をイメージし、「自
津波火災 津波火災とは、津波をきっかけに浸水域で発生する火災を言う。水と火という本来相容れない要因が結びつく災害であるこ
津波地震 津波地震とは、地震波動が比較的小さいが、大きな津波を起こす地震を言う。「ぬるぬる地震」の呼び方もある。なお、ゆ
津波てんでんこ 津波てんでんことは、津波の被害を何度も受けてきた三陸地方沿岸部の人びとの“危機管理の知恵”で、津波から逃
津波の河川遡上 津波の河川遡上とは、津波が陸地に来襲するとき、河口や運河・水路から入り、河川や運河・水路に沿って遡上して
津波避難タワー 津波避難タワーとは、津波が押し寄せたとき、地域住民が一時的に避難するための緊急避難場所で、数メートルから
津波避難ビル 津波避難ビルとは、津波が押し寄せたとき、地域住民が一時的に避難するための緊急避難場所として市町村によって指
津波漂流物 津波漂流物とは、津波が沿岸部に来襲することによって、破壊され、押し流されるあらゆる形あるものを言う。津波は、
津波(浸水)ハザードマップ 津波(浸水)ハザードマップとは、津波から適切な避難をするのに必要な、津波の危険度、避難場所・
ページのTOPへ

用語集一覧