津波漂流物とは

カテゴリ: 津波

読み: つなみひょうりゅうぶつ

 津波漂流物とは、津波が沿岸部に来襲することによって、破壊され、押し流されるあらゆる形あるものを言う。
 津波は、港湾部の船舶をはじめ、港湾施設にある設備・施設から市街地の建物、住宅、車両、自転車、商店の商品、看板、植生(草木など)に至るまで、あらゆる形あるものを破壊しながら巻き込んで押し流し、それが市街地などに入ってくることによって、漂流物衝突による被害拡大につながる。また、可燃物の流出などにより延焼火災を引き起こす。

 いっぽう、津波は何度も押し寄せては引くことを繰り返して徐々に減衰するが、引き波は“駆け下りながら加速”することから漂流物衝突の破壊力を保ち、かつ海洋へ漂流物を流出する力も強い。東日本大震災の例では、海洋へ押し流された漂流物が海流に乗り、太平洋を越えて米国西海岸へ漂着した事例も少なくなかった。

関連用語

命山 命山(いのちやま)とは、台風による高潮や津波、洪水で地域が浸水したときに、住民が緊急避難するためにつくられた人工高
遠地津波 遠地津波とは、気象庁の定義によれば、「日本の沿岸から600km以遠に発生した地震による津波。その地点で地震波動を感
率先避難者 率先避難者とは、身近に危険の兆しが迫っているとき、あるいは危険情報に接したときに、その危険をイメージし、「自
津波 より高くなる。また、津波と普通の波との大きな違いは波長で、普通の波の波長が数メートル~数百メートルであるのに対し、
津波火災 津波火災とは、津波をきっかけに浸水域で発生する火災を言う。水と火という本来相容れない要因が結びつく災害であるこ
津波地震 津波地震とは、地震波動が比較的小さいが、大きな津波を起こす地震を言う。「ぬるぬる地震」の呼び方もある。なお、ゆ
津波てんでんこ 津波てんでんことは、津波の被害を何度も受けてきた三陸地方沿岸部の人びとの“危機管理の知恵”で、津波から逃
津波の河川遡上 津波の河川遡上とは、津波が陸地に来襲するとき、河口や運河・水路から入り、河川や運河・水路に沿って遡上して
津波避難タワー 津波避難タワーとは、津波が押し寄せたとき、地域住民が一時的に避難するための緊急避難場所で、数メートルから
津波避難ビル 津波避難ビルとは、津波が押し寄せたとき、地域住民が一時的に避難するための緊急避難場所として市町村によって指
津波(浸水)ハザードマップ 津波(浸水)ハザードマップとは、津波から適切な避難をするのに必要な、津波の危険度、避難場所・
ページのTOPへ

用語集一覧