災害ボランティアセンターとは

カテゴリ: 被災者支援

読み: さいがいぼらんてぃあせんたー

 災害ボランティアセンターとは、災害時に被災地に設置される災害ボランティア活動を円滑に進めるための拠点を言う。

 1995年阪神・淡路大震災や1997年ナホトカ号重油流出事故で多くのボランティアが参集し、わが国で災害ボランティア活動が本格化したが、このとき、被災者支援などにおいてニーズに対して効率よくボランティアを派遣・調整する組織が必要とされ、災害ボランティアセンターが誕生。その後、大きな災害に見舞われた被災地に立ち上げられ、運営されるようになった。

 災害ボランティアセンターは一般的に、被災した地域の社会福祉協議会やボランティア活動に関わっている関係団体、行政が協働して担うことが多い。被災地外から支援に駆けつける災害ボランティアセンターの運営経験者・団体が関わる場合もある。

 主な役割としては、被災地でのニーズの把握(家の片づけ、避難所運営の手伝いなど)、ボランティアの受け入れ(ボランティア活動を希望する人の受付、情報提供、必要なボランティアの人数などの調整、ボランティアバスの受け入れなど)、人数調整・資機材の貸し出し(活動のために道具が必要な場合、それらを準備して貸し出し)、活動の実施(ボランティアによる家屋や避難所などで活動支援)、報告・振り返り(活動の総括、その後の活動ための教訓・情報整理など)となる。

 なお、前述の社会福祉協議会(社会福祉法人。略称「社協(しゃきょう)」は、民間の社会福祉活動を推進している組織で、全国・都道府県・市区町村ごとに設置されている。日ごろから地域で各種福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金運動への協力など、地域特性を踏まえた独自の事業を行い、地元の自治会・町内会、ボランティア団体などとの密接した連携を保っていることから、災害時に、ボランティア連絡協議会など、ボランティア活動に関わっている人やNPO、行政と協働で災害ボランティアセンターの運営に関わることが多い。

関連用語

仮設住宅 仮設住宅とは、自然災害によって住宅が全壊などの被害を受け、自力では住居を確保できない被災者に対して、行政が建設
救援物資 救援物資とは、自然災害の場合、被災地に対する支援活動の一環として送られる物資のことを言う。送る主体は、国や国の
義捐金 義捐金とは、災害の際に被災地・被災者に送られる支援の寄付。義援金とも書く(「援」は新聞協会による代用表記)。「捐
激甚災害指定 激甚災害指定とは、災害対策基本法に規定する「著しく激甚である災害」が発生し、被災者や被災地域に助成や財政援
災害弔慰金法 災害弔慰金法とは、自然災害で亡くなった人の遺族に対する弔慰金の支給、また、その災害によって一定程度の障害が
災害ボランティア 災害ボランティアとは、災害発生時および発生後に、被災地において復旧活動や復興活動を行うボランティアを言
J-anpi J-anpiとは、大規模災害時に通信キャリアや報道機関などが保有する安否情報を横断的にまとめて検索できるWebサイトで、P
女性の視点 女性の視点とは、これまで男性中心であった災害対策の策定や避難所運営、復旧・復興にかかわる意思決定過程に、女性
手上げ方式 手上げ方式とは、災害時の要援護者避難支援計画などの策定のため要援護者登録制度を進めるときに、市町村が中心とな
トイレ問題 トイレ問題とは、災害対策上は被災地の断水でトイレの水が流せないときの問題、避難所でのトイレ不足と断水で使いに
被災者生活再建支援法 被災者生活再建支援法とは、自然災害によって多大な被害を受けた住人に対して、都道府県が拠出した基金を
被災証明 被災証明とは、災害によって被災したことの証明を言う。多くの場合は、家屋以外の被害に対して「被災証明」の呼び名が
復興住宅 復興住宅とは、災害で住宅を失い、自力での再建がむずかしい被災者向けに、国が補助して県や市町村が整備する低家賃賃
罹災証明 罹災証明とは、自然災害などにより住家や事業所などが破損した場合、その程度を被害認定基準に基づき判定し、証明する
ページのTOPへ

用語集一覧