煙死とは

カテゴリ: 火災

読み: えんし

 煙死とは、火災で、有毒ガスを吸い込んだり、煙にまかれたりして死亡に至ることを言う。一般的に火災での死因は「火傷」(焼死)と「一酸化炭素中毒・窒息」に大別されるが、「一酸化炭素中毒・窒息死」が煙死にあたる。

 建造物に用いられる新建材やプラスチック製品の増加に伴い、火災における人命救助や避難において、煙対策が新たな課題となっている。とくに、2001年9月の新宿歌舞伎町雑居ビル火災の死者44人が一酸化炭素中毒で死亡し、その後も類似の火災が続いていることから、今日の火災防災は、炎との戦いと同時に、煙との戦いになっている。
 
 火災で発生する煙は、一酸化炭素などの有毒ガスを含んでいる。火災現場では、わずか3呼吸程度で一酸化中毒を起こして意識不明になることもあるとされる。
 一酸化炭素は、酸素が少ない状況下で、炭素または炭素化合物が燃焼すると生じる無色無臭の気体で、人体に対しては非常に有毒となる。
 炎は視覚的に恐怖感をもたらすので避難行動は促されるが、煙に含まれる一酸化炭素などは目に見えない有毒ガスだけに、気づかないうちに吸い込みがちなので、救助や避難時などではむしろ注意を要する。

 煙は火で熱せられると空気より軽くなり上昇し、上昇した煙は天井まで昇ると横方向に広がり、煙の量が増えると、床近くまで下がる。火元から遠ざかると煙は冷却され、重くなって下降し、視界をさえぎるようになる。
 煙のなかを逃げるときは、できるだけ姿勢を低くして、室内なら壁づたい、廊下なら中央を選んで逃げる。煙で前が見えない場合は、壁に手を当て方向を確認。
 2階建て以上の建物の場合、上の階は煙の溜まり場になりやすい。濡れタオルやハンカチで口をふさいで、鼻から吸って口から吐くの呼吸を繰り返し、できるだけ煙を吸い込まないようにする。
 基本的にエレベータは使わない(*例外あり、文末参照)。

 ものが燃える条件として、空気(酸素)、可燃物(燃料)、温度(熱エネルギー)の3要素があり、このうち1つでも除去すれば燃焼を抑えられることから、火災で避難するときは、出入り口のドアを閉め、空気を遮断して炎の勢いを抑えるようにする。
 非常階段は可燃物のない避難路であり、平時に非常階段にものを置くことは、当然、厳禁である。ベランダなども可燃物が少ない場所でもあり、避難時に利用できる。

関連用語

火災からの避難 火災には、いつどんな状況で遭遇するかわからない。重要なことは、日常、火災が起こった場合に危険な場所はでき
出火原因 出火原因とは、火災が発生した原因のほか、火災が拡大するに至る一連の要因を指して言う。出火原因を明らかにすること
初期消火 初期消火とは、出火の初期の段階で、その付近にいる人などが、応急的に消火作業を行うことを言う。火災は一般的に、ご
地震火災 地震火災とは、地震の揺れによる建物倒壊や、建物内での転倒・落下物から生じる火災を言う。地震火災は、本震直後から
住宅火災 住宅火災とは、私たちの生活の場である住宅(一般住宅、共同住宅、併用住宅)で発生する火災を言う。住宅火災では、自
住宅用火災警報器 住宅用火災警報器とは、2006年6月の改正消防法施行で、すべての住宅に設置が義務づけられた火災報知機の一種
スプリンクラー スプリンクラーとは、消防用設備の1つで、建物・空間の天井または屋根下部分に配置され、火災発生時に自動的に
避難誘導灯 避難誘導灯とは、避難口や通路、階段や、避難器具へ誘導するための緑色に光る表示標識を言う。避難誘導灯は、消防法
ページのTOPへ

用語集一覧