都賀川水難事故(2008)とは

カテゴリ: 災害教訓

読み: とががわすいなんじこ(2008)

都賀川水難事故とは、2008(平成20)年7月28日に兵庫県神戸市灘区の都賀川で発生した水難事故である。

 活発化した前線の影響により2008年7月28日14時44分ごろから神戸市に突発的で局所的な集中豪雨(ゲリラ豪雨)が発生し、水遊びなどで都賀川や河川敷にいた16人が急激な水位上昇により流され、小学生2人、保育園児1人を含む5人が死亡した(11人は消防団員などによって救助)。

 都賀川は河川整備の成功例として知られ、親水活動や環境学習フィールドとして活用されていたが、この水難事故は河川管理者と流域市民に、想定外の新たな課題を突きつけた。

 都賀川は、神戸市背後の六甲山地から流れる2つの支流が合流した川で、延長約1800m、支流も合わせた全長約3kmの急流河川である。都市部では川の両岸に遊歩道がつくられ、水とふれあうモデル河川でもあった。
 ところがこの日、上流部の六甲山地を激しい雷雨が襲った。その雨量は10分間雨量で24mm(仮に1時間雨量に換算すると144mm)という記録的な降雨量だったとされる。このため川の水位はわずか10分間で134cmも上昇した。
 遊歩道にいた人びとは川の急変にあわてて逃げようとしたが、護岸の高さは約4mあり、逃げ遅れた子どもたちが濁流に押し流された。

 この事故(災害)の背景として、六甲山地をめぐる社会環境の変化と、河川改修の実態が指摘されている。六甲山地では宅地開発が進み、地表はアスファルトでおおわれたのである。このため雨が土にしみ込まず、一気に川へ流れ込んだ。いっぽう川は、雨水を早く海へ流すために、両岸も川底もコンクリートで固める「三面張り」への改修が進められてきた。
 上流に降った雨は、当然のことながら大量に水かさを増し、奔流となって川を下ることになる。

 近年は集中豪雨・ゲリラ豪雨が多くなっている。上流部での雨量計の設置や、危険を知らせるサイレンの設置などの警報システム整備、いざというときの緊急避難対策、水に流されない装置の設置(手すり、取っ手、人が登れる護岸など)など、都市河川の安全対策が急がれている。

関連用語

2001年芸予地震(2001) 芸予地震(2001)とは、2001(平成13)年3月24日15時28分頃、安芸灘の深さ51kmを震源とするマグニチュ
安政江戸地震(1855) 安政江戸地震とは、1855年11月11日(安政2年10月2日)午後9時20分ごろ、ほぼ江戸直下(東京湾北部を震源
安政東海地震・安政南海地震(1854) 安政東海地震・安政南海地震とは、安政地震、安政大地震とも総称される東海・東南海・南海
伊勢湾台風(1959) 1959年(昭和34年)9月26日夕刻に紀伊半島先端に上陸した台風15号(伊勢湾台風)で、台風災害としては明治
稲むらの火 稲むらの火とは、1854(安政元)年安政南海地震(M8.4)の津波に襲われた和歌山県広川町(当時は紀州藩広村)に伝わ
岩手・宮城内陸地震(2008) 岩手・宮城内陸地震とは、2008(平成20)年6月14日午前8時43分ごろ、岩手県内陸南部(仙台市の北約
有珠山噴火(2000) 有珠山噴火とは、ここでは、北海道・洞爺湖(洞爺カルデラ火山)の南に位置する標高737mの活火山・有珠山の
雲仙普賢岳噴火(1990-1995) 雲仙普賢岳噴火とは、1990-1995年の約4年3カ月継続した長崎県の島原半島中央部にある火山・雲仙普
エルトゥールル号事件(1890) エルトゥールル号事件とは、1890(明治23)年9月16日、オスマン朝(現在のトルコ共和国)軍艦エ
カスリーン台風(1947) カスリーン台風とは、1947(昭和22)年9月14日~15日に紀伊半島の南海上を北上して北東に進路を変え、1
関東大震災(1923) 関東大震災とは、近代化したわが国の首都圏を襲った唯一の巨大地震で、被害の大きさ、社会的インパクトとも
寛文近江・若狭地震(1662) 寛文近江・若狭地震とは、江戸時代前期の1662年6月16日(寛文2年5月1日)に近畿地方北部を中心に発
酒田大火(1976) 酒田大火とは、1976(昭和51)年10月29日午後5時40分に山形県酒田市の中心部にある繁華街の南西部から出火し
桜島噴火(1914) 桜島噴火とは、姶良(あいら)カルデラの南縁に約2万6000年前に誕生した火山・桜島の噴火を言い、ここではと
昭和三陸地震津波(1933) 昭和三陸地震津波とは、1933(昭和8)年3月3日午前2時半ごろ、岩手県釜石町(現・釜石市)の東方沖約
新燃岳 新燃岳は九州南部・霧島火山中央部に位置する。霧島火山は鹿児島・宮崎両県の県境付近に位置する第四紀の火山群の総称で
スペインかぜ スペインかぜとは、第1次世界大戦下の1918年~19年にかけて世界的に流行し、歴史記録上被害の大きさが際立つイン
正常化の偏見 正常化の偏見とは、目の前に危険が迫ってくるまで、その危険を認めようとしない人間の心理傾向、「危険を無視する
善光寺地震(1847) 善光寺地震とは、1847年5月8日(弘化4年3月24日)夜10時ごろ、信州(現長野県)の善光寺平(ぜんこうじだい
チリ地震津波(1960) チリ地震津波とは、1960年5月22日19時11分(日本時間:5月23日04時11分)、南米チリ沖を震源とする観測史
寺田寅彦「正しく恐れる」 寺田寅彦「正しく恐れる」とは、明治中期から昭和初期の物理学・地震学の権威で随筆家としても知られ
天明浅間山噴火(1783) 天明浅間山噴火とは、長野県と群馬県県境に位置する標高2568mの活火山・浅間山の1783(天明3)年の大規
東南海地震(1944) 東南海地震とは、1944(昭和19)年12月7日午後1時に、駿河トラフと南海トラフ沿いを震源域として発生したマ
鳥取県西部地震(2000) 鳥取県西部地震(2000)とは、2000(平成12)年10月6日13時30分頃、鳥取県西部・米子平野の深さ9kmを震
長崎豪雨災害(1982) 長崎豪雨災害とは、1982年7月23日から25日までの長崎市付近を中心に長崎県南部に大きな被害をもたらした
新潟県中越沖地震(2007) 新潟県中越地震とは、2004(平成16)年10月23日17時56分に、新潟県中越地方を震源(震源の深さ13km)
新潟県中越地震(2004) 新潟県中越地震とは、2004(平成16)年10月23日17時56分に、新潟県中越地方を震源(震源の深さ13km)と
日本海中部地震(1983) 日本海中部地震とは、1983(昭和58)年5月26日のほぼ正午(11時59分)に、秋田県男鹿半島の北西約70㎞
濃尾地震(1891) 濃尾地震とは、1891(明治24)年10月28日、岐阜県美濃地方西部を震源として発生した世界でも最大級の内陸直下
能登半島地震(2007) 能登半島地震とは、2007(平成19)年3月25日9時42分ごろ、石川県能登半島西岸の海陸境界域で発生したマグ
ハリケーン・カトリーナ(2005) ハリケーン・カトリーナとは、2005年8月23日にカリブ海で発生し、25日にハリケーンとなってフ
阪神・淡路大震災(1995) 阪神・淡路大震災とは、1995(平成7)年1月17日午前5時46分に起きた淡路島北部を震源とするマグニチ
飛越地震(1858) 飛越地震とは、1858年4月9日(安政5年2月26日)の未明、北アルプス立山連峰の西、現在の富山県と岐阜県の県境
東日本大震災(2011年 東北地方太平洋沖地震)(2011) 東日本大震災(2011)とは、2011年(平成23)年3月11日14時46分頃に、宮
福井地震(1948) 福井地震とは、1948年6月28日午後4時13分、福井平野の福井県坂井郡丸岡町(現坂井市丸岡町)付近を震源とする
福岡県西方沖地震(2005) 福岡県西方沖地震とは、2005(平成17)年3月20日午前10時53分ごろ、福岡県北西沖の玄界灘(震源の深
富士山宝永噴火(1707) 富士山宝永噴火とは、江戸時代中期の1707(宝永4)年に起きた富士山の噴火で、富士山の歴史記録(10回
崩壊地名 崩壊地名とは、過去の災害履歴を表わす地名を言う。地名には、過去の河川の氾濫などの水害、土砂崩れや崖崩れ、沼や池
北海道南西沖地震(1993) 北海道南西沖地震とは、1993(平成5)年7月12日午後10時17分ごろ、北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海
三河地震(1945) 三河地震とは、1945(昭和20)年1月13日午前3時ごろ、愛知県の三河湾で発生したマグニチュード(M)6.8の直下
三宅島噴火(2000) 三宅島噴火とは、伊豆諸島の三宅島・雄山(おやま)を中心とする噴火活動を言うが、ここではとくに「全島(
明治三陸地震津波(1896) ▼概要三陸地方は津波の常襲地帯として知られる。明治以降だけでも、1896(明治29)年明治三陸地震津
明暦江戸大火(1657) 明暦江戸大火とは、明暦3年1月18日~19日(1657年3月2日~3日)にかけて発生した3件の大規模火災の総称で
ページのTOPへ

用語集一覧