防災の日(防災週間)とは

カテゴリ: 防災イベント

読み: ぼうさいのひ(ぼうさいしゅうかん)

 防災の日(防災週間)とは、国が設けた記念日で、政府、地方公共団体などの防災関係機関をはじめ広く国民が自然災害についての知識を深め、備えを強化することで防災力を高めることを確認する日。これを毎年9月1日、この日を含む1週間を「防災週間」としている。防災週間の期間については1983年5月の中央防災会議が8月30日から9月5日までの期間と決めた。

 政府の総合防災訓練が9月1日に実施されるほか、防災週間に自治体が主催する防災訓練が全国的に実施される。また、防災知識の普及を図るための講演会や展示会、防災功労者表彰などの行事が実施される。
 
 防災の日を9月1日とした背景には、この日に関東大震災が発生したこと、暦の上では210日に当たり台風シーズンを迎える時期であること、戦後最大の被害をもたらした1959年伊勢湾台風が9月に来襲したことなどがある。1960年6月の閣議で決定(了解)された。

関連用語

危機管理産業展 危機管理産業展とは、「防災」、「リスク管理」、「防犯」という危機管理分野を横断的に統合した国内唯一の「危
震災対策技術展 震災対策技術展とは、1995年阪神・淡路大震災を機に始まった世界初の震災対策技術展で、1997年から毎年、神戸と
津波防災の日(11月5日) 津波防災の日とは、津波防災の意識を高めるために創設された新しい記念日。2011年3月の東日本大震災で
東京国際消防防災展 東京国際消防防災展(英文名:FIRE-SAFETYTOKYO)とは、消防防災に特化したわが国最大級の展示会で、東京消
文化財防火デー(1月26日) 文化財防火デーとは、国が設けた記念日で、文化財を火災や震災、その他の災害から守るとともに、全
防災とボランティアの日(1月17日) 防災とボランティアの日とは、1995年阪神・淡路大震災を契機に国が設けた記念日で、災害時
ページのTOPへ

用語集一覧