高潮とは

カテゴリ: 風水害

読み: たかしお

 高潮とは、台風や発達した低気圧の接近によって沿岸部に生じる海面の上昇を言う。海に囲まれているわが国は、高潮の被害を受けやすい状況にある。とくに、三大湾(東京湾、伊勢湾、大阪湾)に面して広がる「ゼロメートル地帯」には人口・資産が集積しており、高潮による浸水は大きな災害要因となる。

 高潮の発生要因としては大きく2つあって、1つは台風や低気圧による「吸い上げ効果」による。外洋では気圧が1ヘクトパスカル(hPa)低いと海面は約1cm上昇するとされ、例えばそれまで1000hPaだったところに中心気圧が950hPaの台風が来れば、台風の中心付近では海面は約50cm高くなる。

 また、台風に伴う風による「吹き寄せ効果」がある。強風が沖から海岸に向かって吹くと、海水は海岸に吹き寄せられて「吹き寄せ効果」による海岸付近の海面上昇が起こる。吹き寄せによる海面上昇は風速の2乗に比例し、風速が2倍になれば海面上昇は4倍になる。とくにV字形の湾の場合は、奥ほど狭まる地形が海面上昇を助長させ、湾の奥ではさらに海面が高くなる。

 もともと海面は、月・太陽の引力によってほぼ1日に1~2回の割合で周期的に満潮と干潮を繰り返している。そのため海面の高さ(潮位)は前もって計算(推算潮位)でき、気象庁では全国各地における潮位の予測値(天文潮位)「潮位表」をホームページに掲載している。また、釣り関連のサイトでも潮位情報を入手できる。

 高潮被害で知られるのは 死者・行方不明者が5千人を超えた1959年伊勢湾台風だが、近年は、わが国での風水害による極端な人的被害は著しく減少している。その背景には、護岸設備など高潮災害対策が進んだことなどがあるが、意外な側面を忘れてはならない。それは、かつて大災害をもたらした「昭和の三大台風」に匹敵する強大な台風が、1961年第二室戸台風を最後にこの50年間、日本本土に接近していないという事実だ(沖縄などの離島を除く)。

 東日本大震災では地震津波災害について“未曾有の想定外”が発生した。この半世紀、大規模な風水害が起こっていないことで「日本は風水害に強くなった」とするならば、“もうひとつの安全神話”に陥っている可能性がある。
 とくに、地球温暖化によって長期的には海面水位の上昇と同時に、台風や熱帯低気圧の大型化が予測され、大規模水害への懸念が高まっている。

関連用語

外水氾濫 外水氾濫とは、川の水が堤防からあふれる、または川の堤防が破堤した場合に起こる洪水を言う。堤防を境界として、人の
局地的豪雨 局地的豪雨とは、気象庁の気象用語で「局地的大雨」とされる豪雨で、「急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数
ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨とは、大都市のヒートアイランド化によるとみられる局地的・突発的な集中豪雨を言う。もともとは新聞記事
洪水氾濫危険区域 洪水氾濫危険区域とは、洪水時の河川水位より地盤の低い区域のことを言う。わが国では、急速な都市化の進展と
集中豪雨 集中豪雨とは、局地的、突発的に狭い地域に大量に降る雨を言う。気象庁ではこれを予報解説資料などに用いる“解説用語
首都圏大規模水害の被害想定 首都圏大規模水害の被害想定とは、中央防災会議の「大規模水害対策に関する専門調査会」が、利根川
スーパー堤防 スーパー堤防とは、河川の街側を盛土して、洪水で水が堤防を越えたり破堤しても、あふれた水を斜面に緩やかに流す
ゼロメートル地帯 ゼロメートル地帯とは、沿岸地域で地表標高が満潮時の平均海水面よりも低い土地を言う。海抜ゼロメートル地帯
台風 台風とは、赤道より北で東経180度より西の北西太平洋、または南シナ海にある熱帯低気圧で、低気圧域内の最大風速(10分間
ダウンバースト ダウンバースト(英語:downburst)とは、積乱雲からの強い下降気流で、局地的・短時間に地表で四方八方に発散
都市型水害 都市型水害とは、都市特有の水害を言い、その災害要因は大きく3つに整理できる。1つは、都市の地表がアスファルトな
内水氾濫 内水氾濫とは、市街地に降った雨が、短時間で排水路や下水管に一挙に流入し、雨水処理能力を超えてあふれる、あるいは
バックビルディング現象 バックビルディング現象とは、積乱雲が風上(西側)で繰り返し発生して風下では雨が降り続ける現象を言
ページのTOPへ

用語集一覧