DMATとは

カテゴリ: 災害医療

読み: でぃーまっと

 DMAT(ディーマット)とは「災害派遣医療チーム」(Disaster Medical Assistance Team)のこと。「災害急性期に活動できる機動性を持った、トレーニングを受けた医療チーム」と定義される。日本のDMATは阪神・淡路大震災の教訓から、医師が災害現場で医療活動を行うことで一人でも多くの命を助けようという趣旨で、厚生労働省のもとで2005年に発足した。専門的な訓練を受けた医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職、事務職員)で構成され、大規模災害時や多くの傷病者が発生した事故などの現場でおおむね48時間以内に活動できる機動性を持つ。東日本大震災でも活躍したことは周知のとおり。
 ちなみに、2013年4月からDMATの“心のケア”版として精神科医療と精神保健活動の支援を行うための専門的な精神医療チーム「災害派遣精神医療チーム」(Disaster Psychiatric Assistance Team : DPAT=ディーパット) が創設された。なお、各医療関係団体から派遣される医療チーム「日本医師会災害医療チーム」(Japan Medical Assosiation Team:JMAT=ジェイマット)もあり、応急対応をめざすDMATを引き継ぎ、避難所・救護所における医療を担当することを主たる役割とする。

関連リンク

関連用語

エコノミークラス症候群 エコノミークラス症候群とは、飛行機内(とくにエコノミークラス)で長時間同じ姿勢を取り続けている乗
クラッシュシンドローム クラッシュシンドロームは、クラッシュ症候群、挫滅(ざめつ)症候群とも呼ばれる。建物倒壊などで、四
心のケア 心のケアとは、災害や病気、犯罪、事故などで危機的なできごとに遭遇したことにより心身等に発生する問題からの立ち直
災害医療 災害医療とは、大規模災害(地震、津波など)が起こり、多数の傷病者が同時的に発生し、対応する地域の医療体制の能力
災害拠点病院 災害拠点病院とは、医療法により、災害発生時に災害医療を行う医療機関を支援する病院のことを言う。各都道府県の
トリアージ トリアージ(Triage)とは、負傷度による「負傷者の選別」を言う。フランス語のtrier(選り分け)が語源。ナポレオ
PTSD PTSDとは、心的外傷後ストレス障害(Post-TraumaticStressDisorder)の略で、生命の危機を体験したり、家族や財産を失うな
ページのTOPへ

用語集一覧