防災知識

ドコモ、災害時の長期停電対策で基地局の非常用電源に燃料電池を導入

ドコモ、災害時の長期停電対策で基地局の非常用電源に燃料電池を導入

​ 災害時の重要なライフラインとなる携帯電話の通信確保のため、NTTドコモは基地局における長期停電対策の新たな取り組みを発表した。従来設備よりも軽量かつ省スペースで長時間利用できる燃料電池を基地局の非常用電源として2013年3月から導入する。

 新たに導入される燃料電池は、基地局の非常用電源としてこれまで使用されてきた鉛蓄電池と比べ、重量が約14分の1、容積が約2分の1になり、軽量・小型化される上、非常用電源として40時間以上の運用が可能となる。

 ドコモは、この燃料電池に使用するメタノール水溶液を将来的にはバイオ燃料にすることも検討しており、エコ発電を実現する次世代グリーン基地局の推進、環境貢献も視野に入れている。

 

 あなたにオススメの記事