テクノロジー

地震でも剥がれ落ちない大型タイル調外壁を大林組が開発

地震でも剥がれ落ちない大型タイル調外壁を大林組が開発

 ​地震に備えた建築基準法の改正などを背景として、建築物の外壁には、地震の揺れでも剥がれ落ちない耐久性と従来通りのデザイン性の両立が求められている。そうした中、大林組は、中低層の建築物向けに大型タイルのようにデザイン性に優れ、剥離・剥落のない外壁「リニアートパネル」を開発したと発表した。

 近年、中低層建築物の外壁には押出成形セメント板(ECP)が多く使われているが、ECPに高級感のある大型タイルなどを用いて仕上げを行うためには、重量の面で何らかの剥落防止対策を施す必要があり、大幅な手間とコスト増の課題を抱えていた。

 今回開発された「リニアートパネル」は、ECPの表面に特殊なカッターで目地溝加工を行った後、表面に大型タイル調の高耐久フッ素樹脂を塗装するなどして、実際のタイル張り外壁並みに高級感のある仕上げを実現。タイル未使用のため、従来のタイル外壁のような剥離・剥落の懸念がなく、地震発生時などの安全性を確保している。

 あなたにオススメの記事