地震

津波警報・注意報が変わる!? ​東日本大震災を教訓に分かりやすく変更

​東日本大震災を教訓に津波警報・注意報を分かりやすく変更

 東日本大震災での過小な津波予想が住民の避難行動を鈍らせ、被害が拡大したという見方もある。そこで​気象庁は、これらの教訓を踏まえ、大地震発生直後における大津波警報や注意報を発表する際、2013年3月7日から表現方法を変更した警報を運用すると発表した。

  津波が発生した際、これまでは3分以内に出す警報の第1報では「〜メートル程度の津波が予想されますので…」と数値で注意を呼びかけていた。しかし、新しい警報では“高い津波”“巨大な津波”という表現を用い、注意を呼びかけていく。その他の呼びかけにおいても、

------------------------------------------------------
・東日本大震災クラスの津波が来襲します
 ------------------------------------------------------

 など過去の災害を引用するなど、受け手にとって分かりやすいよう必要十分かつ簡潔に警報を発信していくという。

 あなたにオススメの記事