防災知識

災害時の入浴を 四日市市が浴場組合と協定締結

 災害により家屋が倒壊し入浴できなくなった場合に備え、8日、三重県・四日市市は被災者に銭湯を提供する協定を締結した。

 協定の締結先は市内の四日市浴場組合と冨田浴場組合。 この協定により、災害時には四日市浴場組合加盟の5軒、冨田浴場組合加盟の2軒の計7軒の銭湯で入浴が可能になる。
 災害時の利用については、市が利用料を負担する。

 あなたにオススメの記事