防災知識

大分県 年度内に津波ハザードマップの作成に着手

 大分県は津波に関する有識者の意見を参考に、南海トラフ、別府湾、周防灘の3カ所で地震が発生した際の最大の津波を試算・調査中。年度内に津波ハザードマップの作成に着手する方針。

 試算の中間報告によれば、南海トラフを震源とした場合は佐伯市蒲江丸市尾浦付近に13.7メートル、別府湾を震源とした場合では杵築市奈多付近に7.4メートル、周防灘を震源とした場合は姫島村西浦漁港付近に6.3メートルの津波が到達する。

 大分県庁の担当者は「試算されたデータは、これから精査を進めていこうと考えている。最終的にはこれらのデータをまとめて大分県の各自治体へ共有し、年度内には津波ハザードマップの作成にとりかかれるように体制を整えたい」と話している。

 あなたにオススメの記事