原子力

東通原発「活断層ではない」 東北電反論

 東北電力は18日に開かれた原子力規制委員会の有識者会合で、東通原発(青森県)敷地内を通る断層群について、膨潤であり、活断層である事を示す証拠はないとの従来の主張を改めて繰り返した。

 

 東通原発敷地内の断層群については、規制委の調査団が2月に取りまとめた報告書案で「活断層の可能性が高い」と指摘されたのに対し、東北電は「地層が水を吸って膨らんだもの」と反論してきたもの。

 

 今日の会合で、東北電力の担当者は、断層破砕部が地下深くで固結している部分が複数見つかっているとして、「断層に活動性はない」と結論付けるとともに、調査団が「横ずれ断層」の特徴として指摘した「地質の花弁構造(フラワーストラクチャー)」についても、「トレンチ調査の結果等から花弁構造ではない」などと、報告書案での指摘に対し、自社における調査結果を根拠に反論を展開した。

 あなたにオススメの記事