テクノロジー

鹿島、高放射線下での有人作業を可能にするエレベータ開発

 鹿島建設株式会社は22日、放射線防護機能を備えた工事用エレベータを開発したと発表。これにより有人作業が不可能であったエリアでの作業が可能になるという。


 エレベータは東京電力福島第一原子力発電所内に設置予定。作業地盤から30メートル上方にある工事現場までの昇降に利用される。


 放射線下での作業に対応するため、厚さ16ミリの鋼板で覆われたケージを採用。乗員の被爆量を約50%抑えることができる。乗り込み扉は鋼板3枚によるスライド扉で密閉性を向上。昇降速度も高速化することで現場までの移動時間を短縮、乗員の被曝量低減を図っている。


 ユニット化されたエレベータシャフトをブロック式で組み上げる工法を採用し、エレベータそのものの組立時間も大幅に短縮。作業員の被爆を軽減する。


 同社では昨年4月に建設重機10台を遠隔操作可能な「無人化施行システム」を開発しており、今回のシステムと合わせて原発での作業環境を向上していくという。

 あなたにオススメの記事