医療技術
Loading

認知症を無料チェックできるアプリ NPOが開発

 家族や友人など身近な人に認知症の疑いがないかどうかを簡単にチェックできるスマートフォン用の無料アプリを開発したと、東京のNPO法人「オレンジアクト」が8月5日に発表した。


 今や65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症や予備軍と推計される時代。オレンジアクトは、軽度な段階での症状の抑制や予防のための情報を提供しているボランティア組織で、東京・大田区の医師会が採用している認知症チェックの方法に基づいて、無料アプリを開発。


 アプリでは「複数の仕事・作業を並行して行えない」「季節に合った服が選べない」など、認知症に関する症状について7つの質問に答えると、年齢や性別などの情報と組み合わせて、認知症の疑いがあるかどうかを判定する。判定法の開発には東京大学の研究者も参加したという。


 オレンジアクトによると正確性は93.9%で、疑いがあると判断された場合は、近くの医療機関や地域包括支援センターなどの連絡先を提供する。Android用のスマホとタブレット端末で誰でも無料で利用でき、iPhone、iPadについても近く順次リリースされる予定だ。

あなたにオススメの記事