気象

東日本と東北地方 落雷や竜巻などに注意を

 26日から27日にかけて東日本および東北地方では、落雷や竜巻、降ひょうなどが発生する可能性があるとして気象庁では注意を呼びかけている。


 本州付近の上空約5500メートルに氷点下30度以下の強い寒気が流れ込み、東日本と東北地方を中心に大気の状態が不安定になる見込み。これにより発達した積乱雲が近づいた場合は、落雷や竜巻の恐れがあるため、気象庁では建物内に移動するなどの安全確保を呼びかけている。また、農作物や農業施設については、降ひょうに対する注意も。


 なお、午前11時現在、福島県、宮城県や関東地方北部などで落雷が観測されているが、竜巻などの情報は今のところ入っていない。

 あなたにオススメの記事