健康問題
Loading

虐待や育児放棄された子供「やる気が起きない」MRIで判明

 理化学研究所や福井大学の共同チームは、虐待や育児放棄によって母親などとの間に「愛着関係」を築けなかった子供の脳では、誉め言葉が心に響かない脳機能の低下が見られることをMRIを使った画像診断で明らかにしたと発表した。


 児童心理学における「愛着(アタッチメント)」とは、「子供と母親との間に形成される強い情緒的な結びつき」を意味する。虐待や育児放棄などを受けると、安定した「愛着」が形成されず、場合によっては「愛着障害(RAD)」を発症することがこれまでの研究で明らかにされている。


 「愛着障害」を発症した子供たちは、自己肯定感が極端に低く、誉め言葉がなかなか心に響かない傾向があり、社会不適応に陥る場合があるが、これらの特徴は発達障害のひとつで「ADHD」と呼ばれる「注意欠如・多動性障害」と似ているため、臨床現場で区別が難しいのが現状だ。


 理研の渡辺恭良チームリーダーと、福井大学の友田明美教授らの研究チームは、米国の精神医学会が定めた国際診断基準を満たす「愛着障害」をかかえる患者5人と、ADHDの子供17人と健常児童17人を対象に、脳内の血流の変化をとらえるMRIを使って比較実験を行った。


 実験は子供たちにカードを当てさせる3種類のゲームを実施した。一つ目は当たると小遣いがたくさんもらえる「高額報酬」で、二つ目は少しだけもらえる「低額報酬」、三つ目は全くもらえない「無報酬」で、いずれのゲームも、プレイ中の脳の活動のようすをMRIで調査した。


 その結果、健常児童は小遣いの多い少ないにかかわらず、すべてのゲームに対して高いモチベーションを示し、運動機能や意思の決定に関わる脳の部位が活性化した。


 一方で、ADHDの子供は小遣いがたくさんもらえるゲームの時には脳が活性化したが、少しの小遣いだと反応が無く、やる気が起きにくいことが示された。しかし薬物治療を実施すると、これらの脳の部位が活性化に転じた。


 ところが、虐待を受けた「愛着障害児」の脳は、ADHDの子供と違ってどのゲームにも反応せず、薬物治療の効果もないことがわかった。研究チームは「愛着障害時の脳内では、報酬に対する感受性が低く、モチベーションが湧かない機能不全が起こっていることが明らかになった」と話している。


 研究チームは今後さらに症例数を重ねて、愛着障害のメカニズムの解明や診断法の確立をめざし、治療法の開発に結び付けたいとしている。


 厚生労働省によると、児童への身体的、性的、心理的な虐待や育児放棄は年々急増している。全国の児童相談所での相談件数は、2013年度は7万4000件近くに達しており、児童虐待防止法が施工する前の1999年と比べると6.3倍増加している。虐待している者を見ると、実母が54%と最も多く、次いで実父が32%となっている。

 あなたにオススメの記事