環境
Loading

早くも来春の花粉予測「九州・四国で今年の1.5倍に」

 日本気象協会が7日、早くも来春のスギやヒノキなどの花粉の飛散予測を発表した。九州や四国では今春と比べて約1.5倍に増えるほか、東海・近畿でもやや多くなる見込みだという。


 花粉の飛散量は、前年の夏の気象条件が影響する。高温で日照時間が多く、雨が少ない夏は、花芽が多くなり、翌春の花粉の飛散数が増えるとされる。


 今年の夏は、7月下旬から8月上旬にかけて東北や関東甲信地方では気温が高くなった一方、近畿から西のエリアでは前線や台風の影響を受けて、2年連続の冷夏となった。日照時間については北海道や東北、関東甲信地方から北陸地方にかけてはほぼ平年並みとなり、東海から西のエリアでは少なくなった。


 日本気象協会が7日に発表した予測によると、2016年春の飛散量は、西日本ではほとんどの地域で今春より多くなり、四国では1.5倍、九州では1.6倍、近畿や東海では1.2~1.3倍とやや多くなるおそれがある。


 また、関東甲信地方では前シーズン並み、北海道や東北、北陸、中国地方では前季比80~90%と下回る見込み。


 一方、例年と比べるとほとんどの地域では少なくなるものの、高温・多照・少雨などの気象条件が揃った東北地方では、例年比1.2倍に増えるという。


 スギやヒノキの花粉の飛散予測は、日本気象協会をはじめ、気象庁や環境省などさまざまな機関が発表しており、今回はその第1弾にあたる。

 あなたにオススメの記事