医療技術
Loading

サバやイワシに多い魚油に皮膚アレルギーを抑える効果 京大

 今が旬のサバやイワシ、サンマなどの油に含まれる「オメガ3脂肪酸」には、中性脂肪を下げるなどさまざまな効果があることが知られているが、京都大学の研究グループは、かぶれなどの皮膚アレルギーを抑える作用もあることを確認した。


 青魚に多いEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といったオメガ3脂肪酸には、血液中の中性脂肪を下げて悪玉コレステロールを退治したり、関節リウマチの症状を緩和するなど、さまざまな効果があることが知られている。


 京大の椛島健治教授らのグループは、ヒトの体内では生成されないオメガ3脂肪酸のひとつである「レゾルビンE1」に着目。皮膚にアレルギー物質を塗って、かぶれた状態を起こしたマウスに、レゾルビンE1を投与した結果、皮膚炎が改善されることがわかった。


 レゾルビンE1がマウスの体内でどう作用するか分析したところ、皮膚にかぶれる反応を引き起こす免疫細胞の働きを阻害するメカニズムが明らかになった。


 研究グループは「オメガ3脂肪酸のもつ抗炎症作用については古くから知られていたが、そのメカニズムはわからなかった。今回の研究成果を通じて、アレルギー疾患の新たな治療法の開発に結びつくことが期待される」と話している。


 なおこの研究成果は、米科学誌「「The Journal of Experimental Medicine」に掲載された。

 あなたにオススメの記事