FUKUSHIMA
Loading

原発事故から4年 福島の子供2700人から放射性セシウム検出されず

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県平田村のひらた中央病院など県内3カ所の医療機関で内部被ばく検査を受けた乳幼児ら2707人全員から、放射性セシウムが検出されたケースはなかったと、東京大学などのグループが9日発表した。


 調査は2013年12月から今年3月にかけて、ひらた中央病院と南相馬市立総合病院、いわき泌尿器科の3カ所で、0歳児から11歳までを対象に実施。乳幼児には専用のホールボディカウンターを使い、子供の保護者には、福島県産の米や野菜、水道水を日々の食事に使っているかどうかに関するアンケート調査も行った。


 研究グループによると、乳幼児向けのボディカウンターが検出できる放射性物質量の限界値は体重1キロあたり50ベクレルとされるが、検査対象となった乳幼児からは限界値を超えるセシウムは検出されなかったことから、1年間の被ばく量は16マイクロシーベルト以下にとどまるものと推計される。


 検査対象となった子供の7割近くにあたる約2000人が、いわきや南相馬、相馬市など県内在住者で、残る約700人は茨城県や宮城県など県外在住者だった。このうち福島県産の農作物や水を避けていると答えた保護者は内陸の三春町で4%にとどまるなど、検査を受けた子供の多くが日常的に県産品を摂取していることがわかった。
 

 研究グループの東大医科学研究所の坪倉正治特任研究員は「福島の食材を口にしていても、内部被曝のリスクが低いことが十分に証明された。今後も検査を続け、不安の解消につなげたい」と話している。

 あなたにオススメの記事