食中毒
Loading

大阪の巨大フードフェスで食中毒?保健所が原因の特定へ

 大阪・吹田市の万博記念公園で開かれていたフード・フェスティバルの会場で12日、複数の来場者が体調不良を訴えて救急搬送された。イベントの運営事務局によると、現在保健所が原因を調べているという。


 このイベントは今月3日から12日にかけて、吹田市の万博記念公園で開かれていた「まんパク in 万博」で、運営事務局によると、12日午後6時前に、屋台で食事をした女性3人を含む大人4人と、3~9歳の子供4人の計8人が嘔吐や下痢などの食中毒症状を訴えて救急搬送されたもの。


 イベントには、関西圏を中心に肉料理や屋台飯など80店舗以上が出店し、搬送された8人は全員が同じ店の肉料理を食べたとの情報もあることから、現在保健所が店舗の衛生管理状況などを調査しているという。

 あなたにオススメの記事