製品・サービス
Loading

横浜のマンション 基礎工事が不十分で傾く 下請けが認める

 横浜市都筑区の大型マンションで、建物を支える基礎工事の一部に不具合があって建物が傾いていたことが明らかになった。工事を下請けしていた旭化成建材は14日、施工の不具合と虚偽の報告をしていた事実を認め、補強や改修にかかる費用を全額負担すると発表した。


 マンションは、三井住友建設が施工し、三井不動産レジデンシャルが2006年に販売を始めた横浜市都筑区の12階建ての建物で、住居棟4棟には700世帯以上が入居しているという。


 横浜市建築局などによると、昨年11月に二つの住居棟をつなぐ廊下の手すりが上下にずれていることに住民が気付き、三井側に調査を依頼。その結果、建物の両端で高さが最大で2.4センチずれていることが判明した。


 その後、ボーリングなどで詳細に調べた結果、「支持層」と呼ばれる地盤に打ち込んだ杭のうち、傾いた1棟では52本ある杭の28本を調べた時点で6本が支持層に届いておらず、ほか2本も打ちこみが不十分であることが明らかになった。


 施工を担当した三井住友建設と下請けの旭化成建材は、施工時の不具合と施工データの報告時に、ほかの場所でのデータを転用して加筆したウソのデータを記載していた事実を認めた。


 旭化成建材は14日、「補強・改修工事にかかる費用と、別の住居棟にかかる費用をは全額負担する」として謝罪した。


 傾いた建物の安全性について三井側は住民に対して「倒壊のおそれはない」と説明したうえで、今後、4棟ある住居棟すべての調査を実施し、第三者機関を入れて安全性を検証するとしている。

 あなたにオススメの記事