環境
Loading

トヨタ「2050年までにCO2排出量9割削減」へ…6つの目標を発表

 トヨタ自動車は14日、2050年の新車走行時の二酸化炭素(C02)排出量を2010年と比べて90%削減するなどの目標を発表した。


 「トヨタ環境チャレンジ2050」と題したこの計画は、地球温暖化や省エネルギーなどの環境問題に対し、車が持つマイナス要因を限りなくゼロに近づけようというねらいで、6つのジャンルにわたって目標をさだめたもの。


 そのうち目玉となるのは、ハイブリッド車(HV)の販売を2020年までに年間で150万台、累計で1500万台とし、東京五輪・パラリンピック大会が開かれる2020年時点の新車走行時のCO2排出量を、2010年比で22%以上削減という目標を掲げている。


 さらに東京都を中心に、2016年度中に燃料電池(FC)バスの導入を開始し、2020年度に100台以上を目指す目標も盛り込んだ。また、燃料電池自動車(FCV)については、2020年ごろ以降に、販売台数を年間3万台以上、うち国内では少なくとも月に1000台レベル、年間では1万数千台程度を目指すとしている。


 工場と生産ラインに関しては、生産1台あたりのCO2排出量を、2001年比で2020年に約半減、2030年に約3分の1に削減し、2050年には排出ゼロにするという目標を示した。


 これらの目標を達成するための手段としてトヨタが重視しているのが、再生可能エネルギーと水素の利用推進。昨年末に日本で販売を開始した燃料電池自動車「MIRAI」が、2020年以降には本格的に普及し、グローバル市場で年間3万台の販売を目指すとしている。

 
 具体的にはブラジル工場で2015年から電力は100%再生可能エネルギーの利用を達成しており、愛知県田原市の田原工場では2020年ごろを目指して風力発電施設の設置を進めていくとして、国内国外の生産拠点でCO2排出ゼロを達成するとしている。

 あなたにオススメの記事