リコール
Loading

イグニッションスイッチから出火13件 マツダが92万台リコール

 自動車大手、マツダは16日、エンジンを始動させるイグニッションスイッチの不具合が原因で、13件の火災が発生したとして、「ファミリア」や「デミオ」など21車種、92万台以上を自主回収すると国土交通省に届け出た。


 リコールの対象となるのは、1989年1月から2005年12月まで製造された21車種、計92万3672台。

 

 国交省によると、イグニッションスイッチの内部に塗られた過剰な量のグリスが、スイッチ操作時に発生する熱で炭化して内部の絶縁性が低下して、発熱、発煙するおそれがあるという。これまでに36件の不具合が報告され、このうち13件の火災が発生している。けが人などはいないという。


 マツダは全車両のイグニッションスイッチを交換するとしている。ただし交換品の準備に時間がかかるため、ダイレクトメールなどを通じて使用者に注意喚起を行い、準備が整い次第、再度入庫の通知をするとしている。

 

 この件に関する問い合わせ先は、マツダコールセンター(0120-386-919)まで。

 あなたにオススメの記事