医療技術

夢見る「レム睡眠」学習や記憶形成が進む 筑波大 うつ病研究にも

 夢を見るときに眼球が急速に動く「レム睡眠」には学習や記憶の形成を促進する脳波を強める作用があることを、筑波大学などのグループが23日明らかにした。アルツハイマー病やうつ病など、脳機能の低下が見られる病気とレム睡眠の減少が結びついている可能性があるとして、病気の解明に役立つものと期待されている。


 筑波大の林悠助教と理研・脳科学総合研究センターの共同グループは、レム睡眠とノンレム睡眠を切り替えるスイッチの役割を担う脳の神経細胞を発見。この神経細胞を人工的に操作できるマウスを遺伝子操作で開発した。


 このマウスを使って、睡眠中のレム睡眠の回数や長さを変えて実験したところ、レム睡眠を無くすと、ノンレム睡眠中に「デルタ波」という脳波が弱まり、逆にレム睡眠を増やすと、デルタ波が強まることが分かった。

 
 デルタ波は、ほ乳類と鳥類にしか見られない現象で、神経細胞同士を電気信号でつなぐ「シナプス」を強め、学習や記憶の形成を促進する作用を働かせる。ノンレム睡眠の最中に最も出やすいことがこれまでの研究で明らかにされている。


 今回の実験で、レム睡眠にはデルタ波の神経活動をノンレム睡眠中に誘発するスイッチの役割を担い、この作用によって、学習や記憶形成が促進されることが分かった。


 自閉症や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの発達障害では、しばしばレム睡眠が減少する。また、アルツハイマー病やうつ病、睡眠時無呼吸症候群の患者では、睡眠中のデルタ波が減ることも確認されている。


 研究グループは、今回の研究によって、レム睡眠の異常が、さまざまな病気と関係している可能性が高いとして、今後、発症のメカニズムや治療法の開発につながるものと期待している。


 なおこの研究成果は、米科学誌「サイエンス」に22日付で掲載された。

 あなたにオススメの記事