イベント

郷土愛のシンボル ガガさんのティーカップ展示始まる

 米国の人気歌手レディー・ガガさんが東日本大震災の復興を祈念してキスマークやメッセージを添えたティーカップの展示が1日、宮城県の東北歴史記念博物館で始まった。

 

 このティーカップは、昨年5月に復興支援オークションで、宮城県大崎市の歯科医 弓哲玖さん(故人)が落札し、その後、今年2月に「長い間お世話になった地元のために」と弓さんが宮城県に寄贈したもの。

 

 弓さんは、奇しくも宮城県にティーカップを寄贈した翌日に、肺の病気で他界した。

 

 宮城県へ寄贈した際に、代理人として村井知事を訪れティーカップを渡した弓さんの妹さんは「県民の方を励ますため、また震災の風化を防ぐために、ひとりでも多くの人に見ていただきたい」と本人の意思を伝えており、その思いを受けて今回の展示となった。

 

 展示期間は5月1日〜6月30日まで。

 

 

 あなたにオススメの記事