健康問題
Loading

「歯周病の悪化」は天気の変化と関係していた!岡山大

 岡山大学の研究グループは、歯周病患者2万人を調べた結果、歯周病は気圧や気温の変化があった3日以内に、急激に悪化することを突き止めたと発表した。


 歯周病は、40歳以上の日本人の8割がかかっているといわれ、歯を失う原因の約4割を占めている。初期では、歯と歯ぐきの境目が赤く腫れたり、出血する(歯肉炎)だけだが、これがさらに進んで歯周炎になると、歯と歯ぐきの隙間が広がって歯周ポケットが深くなり、歯を支える組織が壊れて歯がグラグラ動く状態になる。


 歯周炎はその進み具合から軽度~重度の3段階に分けられるが、急激に悪化すると腫れがひどくなり、強い痛みを伴うこともある。


 岡山大大学院の森田学教授と竹内倫子助教のグループは、大学病院の歯科を受診している安定した状態の歯周炎患者2万人を対象に、病状が急激に悪化したときの状況を調査した。


 グループは、歯周炎が急性期症状を発症した症例のうち、原因が歯科関係に起因するとは考えにくいケースに注目。その結果、台風などの影響で気圧が大きく下がったり、気温が急に暖かくなるなどの「気象の変化」があった日の1~3日後に、歯周炎が急激に悪化して、ひどい痛みや腫れが起こりやすくなることが明らかになった。


 森田教授は「メカニズムはまだ不明だが、気圧や気温の変化がホルモンの分泌や循環器系に影響し、慢性歯周炎の急激な悪化を引き起こした可能性がある」として、この研究成果を進めて、歯周炎の悪化がいつ起こるかという予測に役立てたいと話している。


 なおこの論文は、「International journal of environmental research and public health」電子版に掲載された。

 あなたにオススメの記事