防災知識

愛知県刈谷市 市立小学校屋上に太陽光パネル

 愛知県刈谷市は21日、15の市立小学校の屋上に太陽光パネルをすると発表した。


 この施策は、民間事業者と協力して15の私立小学校の屋上に太陽光パネルを設置するもの。1校1事業者の割り当てで最長で20年間の契約。設置される太陽光パネルは、20~50キロワット/時のもので、契約した事業者は1キロワット/時を42円で電力会社に売却できる。

 ただし、地震発生などで停電になった場合は、各小学校に無償で電力を供給しなければならない。募集は12月28日までで、1月中旬に事業者を決定する予定。


 刈谷市では、すでに中学校の体育館の屋上にも太陽光パネルと蓄電池を設置しており、太陽光発電に積極的な姿勢を見せている。

 あなたにオススメの記事