外交
Loading

「慰安婦は売春婦」自民党議員の発言に韓国外務省が非難

 自民党の桜田義孝衆院議員が14日、旧日本軍による従軍慰安婦問題について「職業としての売春婦」などと発言したことに対して、韓国外務省の報道官が同日、「強制連行された女性に対する性暴力で重大な人権侵害」と非難するコメントを発表した。


 この問題は、自民党本部で14日に開かれた外交・経済連携本部などの合同会議で、桜田議員が慰安婦について「職業としての売春婦だった事実を公にせず、犠牲者だったかのようにしている宣伝工作に惑わされて、間違った認識が日本や韓国に広がっているのではないか」と発言。


 韓国外務省は同日、この発言を受けて「強制連行された女性に対して行った戦時下の性暴力で、重大な人権侵害であることは、国際社会の共通認識だ」と強く非難した。


 菅義偉官房長官は午後の会見で「いちいち議員の発言に答えるべきではないが、政治家の発言については、自らが説明責任を果たすべきだ」と述べたうえで、「慰安婦問題について政府や自民党の考え方は決まっている。現職の国会議員で自民党議員であれば、そういった事情を踏まえて発言してほしい」と語った。


 慰安婦問題をめぐっては昨年12月28日の日韓外相会談で、「最終的かつ不可逆的に解決」することで合意しており、今回の桜田議員の発言で韓国社会に波紋が広がるのは避けられそうにない。