原子力

六本木に「原子力資料室」 原発安全審査書など1万8000点公開

   原子力規制委員会は13日、東京都港区六本木1の原子力規制庁内に、原発の安全審査書や会議資料など約1万8000点を公開する「原子力関係資料閲覧室」を開設した。


   資料は元々、旧原子力安全委員会が保有し、霞ヶ関の「原子力公開資料センター」で閲覧することができたが、同センターは旧委員会の改組に伴い、昨年9月に閉鎖。資料は規制庁に引き継がれていた。


   閲覧室で一般公開するのは、原発の設置や変更に関する申請書類や評価報告書、旧委員会の過去の会議資料など。貸し出しは行わないが、室内の閲覧スペースで自由に見ることができ、コピー機(有料)もある。

 

   規制庁は六本木ファーストビル内にあり、閲覧室利用者は1階で面会票の記入が必要。午前10時〜5時。土日祝と年末年始は閉室。

 あなたにオススメの記事