医療技術

鳥インフルエンザA(H7N9)感染者は132人うち32人死亡 WHO報告

 世界保健機関(WHO)の10日付け「鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの人への感染に関するリスクアセスメント」によると、鳥インフルエンザA(H7N9)の感染者は、中国国家衛生・計画出産委員会からの報告の131人、台湾CDCからの1人の合計132人になり、うち32人が死亡したとのこと。

 

 また同発表によれば、感染者の4人に3人が動物、その大部分はニワトリに接しているが、家族内で感染したと思われる症例も2例報告されている。

 

 しかしながら感染者に接触した2000人以上について検査と監視を行ったが、感染者はほとんど見つからず、現在のところ家族内での濃厚接触以外に人ー人感染が疑われる証拠は見つかっていない。

 あなたにオススメの記事