防災知識

2015年国連防災会議 仙台市で開催

 政府は14日の閣議で、第3回国連防災世界会議を2015年3月に仙台市で開催することを了承した。

 

 国連防災世界会議は、各国の閣僚が集まり、防災対策の国際協力を話し合うもので、1994年に横浜市で第1回会議が開かれ、2005年に神戸市で第2回会議が開かれている。

 

 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、「東日本大震災の被災地で、この会議が開催されることは、わが国の教訓と経験を国際社会が共有するとの観点から極めて有意義」と述べている。

 あなたにオススメの記事