原子力

敦賀原発活断層 住民に直接説明はしない 原子力規制委員長

 敦賀原発(福井県)の破砕帯(断層帯)調査について地元住民が田中俊一原子力規制委員長に説明を求めている問題で、田中委員長は15日の会見で、「(住民に対し)基本的に説明はしないと思う」と述べた。

 

 田中委員長は、「活断層があるかないかは島崎(邦彦)委員と有識者で判断して、その議論については過程も含め公表されているので、特に地元に説明を要求されるという意図がよく分からない」として、地元住民に対し田中委員長が直接説明する考えはないことを明らかにした。

 

 また同会見で、敦賀市の河瀬一治市長が田中委員長に会見を求めていることについても、「原子力規制委員会は政治的中立が基本ですから、今は会うつもりはない」と拒否の姿勢を明らかにした。

 

 敦賀市にある日本原子力発電・敦賀原発については15日の原子力規制委員会の有識者会合で、「2号機の直下に活断層がある」と報告され、廃炉の可能性が大きくなっている。

 あなたにオススメの記事