環境
Loading

南鳥島沖の海底レアメタルやレアアース発見 海洋研究開発機構

 日本列島の南東1800キロ、南鳥島沖の海底で、コバルトやニッケル、プラチナなどのレアメタルやレアアースを大量に含む岩石層が見つかったと海洋研究開発機構(JAMSTEC)と高知大学が9日発表した。

 

 JAMSTECは昨年、深海調査研究船「かいれい」に搭載した無人探査船で、水深3000メートル以上の海底にある「拓洋第5海山」を調査した。その結果、水深4500メートル付近に、レアメタルやレアアースなどの希少資源を多く含む「コバルトリッチクラスト」という岩石が広がっていることを確認し、厚さ約2〜7センチの岩石のサンプルを採取した。

 

 さらに南方へ進んだ水深5500メートルの付近では、崩れた崖が続く海底のところどころで板状のコバルトリッチクラストを見つけ、幅30〜40センチ、厚さ約3〜8センチの多数のサンプルを採取した。

 

 形成後時間が経過した古い海山の斜面には、玄武岩や石灰岩などの基盤岩を覆うように鉄・マンガン酸化物などでできた厚さ数ミリから10センチ余りのコバルトリッチクラストが広がっており、コバルトやニッケル、プラチナやレアアースなどを含む海底金属資源として注目されている。

 

 研究グループは「今回の調査で、水深5500メートルを超える深海の海底に、世界で初めてコバルトリッチクラストの発見に成功した」として、今後は採取したサンプルを分析し、日本近海の海洋資源調査技術の開発につなげたいとしている。

 あなたにオススメの記事