生物
Loading

地震の知らせ?佐渡で生きたままのリュウグウノツカイを捕獲

 

 日本では古来より地震など天変地異を知らせる”海の底からの竜宮の使い”や”人魚伝説”の正体とも言われる幻の深海魚「リュウグウノツカイ」が、新潟県佐渡市の両津湾で8日、生きたままの状態で定置網に捕獲された。

 

 「リュウグウノツカイ」は、日本では青森県以南の深海に生息し、成長すると体長は最大10メートルにもなる長い魚。

 

 両津湾の定置網にかかっていた個体は、長さが3.3メートル、体重は14.5キロで全身が銀白色に輝き、たてがみのような背びれやワイヤーのように伸びる腹びれは鮮やかなピンク色をしている。

 

 群れを作らずに単独で生息する深海魚なので、生態についてはほとんど明らかにされておらず、発見されても、死亡した個体が浜辺に打ち上げられるケースが多い。

 

 新潟県農林水産部によると、発見されたリュウグウノツカイは、水揚げされた直後まで生きていたため、急きょ新潟市の水族館「マリンピア日本海」に搬入され、昨日11日まで標本として展示されていた。