軍事
Loading

長崎・対馬沖の接続水域に外国籍の潜水艦が航行 海上自衛隊

 防衛省は16日、長崎県対馬南東の領海に隣接する接続水域で、15日に海に潜ったまま東シナ海へ向かう外国籍の潜水艦を発見したと発表した。菅義偉官房長官は午前中の会見で、「潜水艦の国籍や航行目的に関する分析の公表は控えたい」と明言を避けた。

 

 防衛省によると15日午前、海上自衛隊の哨戒機「P-3C」と、護衛艦「あさぎり」が対馬の南東の海域で、日本海から東シナ海に向かって水中を航行する潜水艦を見つけた。

 

 潜水艦が航行していたのは、日本の領海に隣接する接続水域内で、国際法に抵触する領海侵入はなかったが、監視を続けた結果、対馬海峡の東水道を南西に向かって進むようすを確認した。

 

 菅官房長官は16日の会見で「自衛隊の警戒・監視活動中に発見した。国籍や航行目的については防衛省で情報収集を続けている」と述べた。