宇宙
Loading

墜落事故を乗り越え…新型宇宙船ユニティ ハン・ソロも駆けつけた

 英国の実業家リチャード・ブランソン氏が率いるヴァージン・グル―プの宇宙旅行会社であるヴァージン・ギャラクティック社は19日、米カリフォルニア州で新型宇宙船「ユニティ」を披露した。

 

 「ユニティ」はパイロット2人と乗客6人が搭乗する宇宙船。2機の航空機が合体したような「ホワイト・ナイト(白い騎士)2」の間にはさまれるようにして上昇。

 

 切り離された後にロケットエンジンを噴射して、上空100キロ以上の宇宙旅行を目指す。これまで試験飛行を繰り返してきた「スペースシップ2」の後継機で、宇宙物理学者スティーブン・ホーキンス博士が名付け親となった。


 スペースシップ2は2014年10月の試験飛行中に爆発し、パイロットが死亡する事故を起こした。ヴァージン社はその後、改良を加えてユニティの開発にこぎつけた。今後、試験飛行を重ねて安全性を確認する。

 

 カリフォルニア州で開かれた新型宇宙船の発表会では、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんのビデオメッセージが流されたほか、映画俳優のハリソン・フォードも新型機の操縦席に座って乗り心地を試すなど、各界の著名人が多数集まった。