気象
Loading

太平洋側を中心に大荒れ 台風並みの強風と局地的大雨

 

 前線を伴った低気圧の影響で、21日にかけて北日本と東日本の太平洋側を中心に非常に強い風が吹いて、今夜遅くにかけて非常に激しい雨が降ることから、気象庁が警戒を呼びかけている。

 

 気象庁によると、太平洋側を北東に進む発達した低気圧の影響で、21日にかけて台風並みの強風が吹き、海は大荒れとなっている。低気圧は21日朝には千島近海に到達する見込みで、この低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気が非常に不安定な状態が続く。

 

 21日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東地方と伊豆諸島で25メートル(35メートル)、北海道と東海地方で23メートル(35メートル)、東北地方で22メートル(35メートル)。

 

 また、東日本と西日本の太平洋側では今夜遅くにかけて、局地的に1時間あたり50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれ。21日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、東海地方200ミリ、関東甲信地方120ミリ、伊豆諸島100ミリ、東北地方80ミリ。

 

 気象庁では警報を出して、暴風や土砂災害、低い土地への浸水、河川の増水などに警戒するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事