環境
Loading

光合成せず菌に寄生 屋久島で新種の植物見つかる 神戸大

 ユネスコの世界遺産に登録されている鹿児島県の屋久島で、神戸大学の末次健司特命講師と写真家の山下大明さんが新種の植物を発見し、「ヤクシマソウ」と名付けた。

 

 末次講師は、2015年10月、屋久島の低地照葉樹林で山下カメラマンと調査中に、未知の植物を発見。持ち帰った標本を分析した結果、菌類に寄生する「菌従属栄養植物」の新種であることが明らかになった。

 

 菌従属栄養植物は、自身では光合成をせずに、カビなどの菌類に寄生して一方的に栄養分を搾取する性質を持つ植物。花を咲かせる時期と、実をつける時期にしか地上に姿を見せないため、国内での分布状況はあまり解明されていないという。

 

 発見された新種の「ヤクシマソウ」は、全長5センチ程度の大きさで、当初は、やはり菌類に寄生する「ホンゴウソウ」に近い仲間だと推測されたが、ホンゴウソウと比べると色や、雄花や雌花の形状に違いが見られた。

 

 末次講師は、「菌類に寄生するヤクシマソウが生育していることは、目には見えない共生菌のネットワークが息づいていることの裏付けだ」と述べて、「縄文杉に注目が集まりがちだが、今回発見された場所は森林伐採可能な区域。今回の発見は、屋久島の低地原生林の豊かさを再認識させるものだ」と話している。

 

 なおこの発見は、植物研究誌「ザ・ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ボタニー」に20日付で掲載された。

 あなたにオススメの記事