防災知識

土砂災害防ぐ参考に 宅地造成の履歴マップを公開 仙台市

 仙台市は、丘陵地にある宅地の造成年代や盛土と切土の分布などをまとめた「宅地造成履歴等情報マップ」を作製し、市のホームページで公開を始めた。


 東日本大震災で、市内では地滑りや地割れによる宅地被害が多発。一般に、斜面を削って平らな宅地を作る「切土」に比べ、土を足す「盛土」は地盤固めが不十分だと災害に弱いとされ、市民から「自宅の敷地について知りたい」との問い合わせが多く寄せられたという。


 このため、市は1958~68年に作られた旧都市計画図や米軍による空中写真(1947~48年撮影)と現在の地形図を比較し、切土と盛土の分布を調査。標高差に応じ、切土の高さと盛土の深さを色分けして段階的に示している。


 標高差が1メートル以上ある盛土の宅地は、地滑りや斜面崩落の危険があるエリアと一緒に「土砂災害危険箇所図」として整理。市の開発登録簿や土地区画整理事業の資料を基に、宅地造成の開始年代を示した「造成年代図」も作った。


 ただし、造成地の安全性は周辺の地形や地質、地下水の有無などで左右され、「盛土だから危険」というわけではない。市は「宅地や建物の安全を考える際の参考資料として利用してほしい」としている。

 あなたにオススメの記事