外交

日本人の竹島上陸「極めて遺憾」 官房長官

 「竹島は韓国の領土」と主張する元大学講師など日本人3人が23日、韓国経由で竹島に上陸した問題について、菅義偉官房長官は23日の記者会見で遺憾の意を表明し、本人たちに厳重に抗議する考えを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は「韓国の出入国手続きに従って竹島に入域することは、韓国の領有権を認めたという誤解を与えかねないため、21日プサンの日本総領事館から上陸計画を中止するよう求めたが、それを振り切って上陸したのは極めて遺憾。その旨を今後本人たちに申し入れる」と述べた。

 

 竹島に上陸した日本人グループは、「日本は日露戦争遂行のために竹島を編入し、これが朝鮮半島の侵略につながった。」などとして、竹島が日本領になった経緯の現地調査のために同島に上陸する考えを表明していた。

 あなたにオススメの記事