事故

米軍F15戦闘機墜落 人的被害なし 官房長官

 28日午前9時ごろ、米軍のF15戦闘機が沖縄本島近くの海上に墜落した事故で、菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、「人的被害はないとの報告を受けている」と述べた。

 

 同会見で菅官房長官は、「詳細については現在、情報を収集中だが、現時点において人的被害はないという報告を受けている。(場所等の)詳細については把握していないが、訓練地域だったとは聞いている」としている。

 

 墜落現場は、沖縄県国頭村安田の東南東約59キロの海上で、パイロットは脱出したもよう。

 あなたにオススメの記事