事故

米軍F15戦闘機墜落事故で原因究明と再発防止を申し入れ

 28日午前に米軍のF15戦闘機が沖縄本島東方海上で墜落した事故で、菅義偉官房長官は28日午後の記者会見で、米国に対し事故の原因究明と再発防止を申し入れたことを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「本日、外務省北米局長から在京米大使館 首席公使に対し、本件の原因究明と同種事故の再発防止について申し入れを行っている」と述べた。

 

 この事故は、28日午前8時45分ごろ、演習中の米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が沖縄本島東方約70マイル(約112キロ)の海上に墜落したもので、パイロットは脱出し、すでに救助されている。

 あなたにオススメの記事