医療技術

サウジ 新たなMERS感染者5人 死者は27人に

 世界保健機関(WHO)によると、中東諸国で流行している新型コロナウイルス=MERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)について、29日サウジアラビア保健省から、新たに5人の感染例を確認したとの報告があった。

 

 新たな5件の感染例はいずれも、サウジ国内で最初に感染が発生した医療施設のあるアル・アシャではなくサウジ東部で発生しており、サウジ国内でMERS感染エリアが広がっていることを示唆している。

 

 この5人は56歳から85歳の男女で、5月中旬から下旬にかけて発症。1人はすでに退院しているが、3人は死亡、1人が重体となっている。

 

 さらに以前アル・アシャで発症した81歳の女性の死亡も確認された。

 

 これで、2012年9月から現在までに、MERS感染症の確定患者は合計49人、うち27人が死亡している。

 あなたにオススメの記事