外交

日本人漁船員拉致疑惑「洗い直すのは当然」 官房長官

 北朝鮮が日本海の海上で、日本人漁船員を拉致していた疑惑について、政府の拉致問題対策本部が脱北者から初めて事情聴取したとの報道にからんで、古屋圭司拉致問題担当相は31日午前の閣議後の記者会見で、「(1970年から80年代に日本周辺で起きた)海難事故として処理しているものをもう一度洗い直したい」と発言した。

 

 また菅義偉官房長官も31日午前の記者会見で、この古屋拉致問題担当相の発言について記者から事実関係を問われ、「それについては古屋大臣に聞いてもらうのが一番よろしいかと思う」とした上で、「国民の生命・財産を守るのが政府としての仕事ですから、そういう可能性があった所をもう一度洗い直すというのは、ある意味では当然のことじゃないかと思う」と答えた。

 

 しかし改めて記者から疑惑の情報元について聞かれると、「そこは、古屋大臣のもとに、そう判断する何かがあったんだろうと思います」と明言を避けた。

 

 ちなみに菅官房長官は28日の記者会見で、この報道について「そうした報道の内容については承知していない。そういう重大なことがあれば、必ず私に報告が上がってくるんだろうと思う」と述べている。

 あなたにオススメの記事