トピック

「尖閣は中国のもの」ハッキングで国内20サイト書き換え

 インターネットセキュリティの大手トレンドマイクロ社の調査によると、少なくとも国内の20のWEBサイトがハッカーグループにより「魚釣島(尖閣諸島)は中国のもの」などとした中国語のメッセージで書き換えられていることが明らかになった。

 

 同調査では、「この攻撃において特に不正プログラム的な活動は確認できていない」としており、この攻撃が、自らの社会的・政治的な主張をするための、いわゆる「ハクティビズム」(ハッキングとアクティビズムを合わせた造語)目的だと分析している。

 

 さらに同社では、攻撃したハッカーグループは個人レベルの小規模なものと考えられるが、グループチャットを利用した煽動も行なわれているため、より大規模な攻撃に発展する危険性があると警告している。

 

 あなたにオススメの記事