震災復興

奇跡の一本松を映画化 『希望の木』監督はジブリ作品の山本二三

 陸前高田市で津波に耐えた「奇跡の一本松」をモチーフにした新井満氏の写真詩集『希望の木』が、ジブリ作品の美術監督なども務めた山本二三氏によってアニメーション映画化される。製作準備委員会ではネット上で一般の人々からの支援も募集中だ。

 

『千の風になって』の作詞作曲者としても知られる新井氏が著した写真詩集の『希望の木』。同作品は陸前高田市「奇跡の一本松」をもとに作られ、これに感銘を受けた山本氏がアニメーション化を申し出て、今回のプロジェクトが進められることになった。

 

 山本氏は『天空の城ラピュタ』や『もののけ姫』などスタジオジブリ作品の美術監督を務めた実績があり、今回はネット上から一般の人々にも復興の一助を求めており、一定金額の支援者には同氏の直筆署名が入った高精細複製画がプレゼントされる。

 

 公開は2014年を予定。すでに海外からの配給オファーも届いており、製作準備委員会では「生きる希望と勇気そして生命のバトンを継いでゆく決意を世界の人々へ「人類普遍のメッセージ」として届けます」とのこと。

 あなたにオススメの記事